ニュースドットコム

日々のニュースや芸能スポーツなど# 配信していきますので気楽な形でフォロー# お願いします。

    カテゴリ:芸能全般 > ドラマ



    (出典 www.billboard-japan.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/05(水) 07:21:42 ID:EpieMZO09.net

    NHK大河ドラマ『麒麟がくる』(長谷川博己主演)に早くも暗雲が立ち込めた。

    初回(1月19日)は19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)をマークして、好発進したが、第2話(同26日)は17.9%と降下。第3話(2日)は16.1%まで落として右肩下がりとなってしまった。

    大河では2016年のヒット作『真田丸』(堺雅人主演)以来、4年ぶりの初回から3回連続15%超えを果たしたが、視聴率急降下は気になるところだ。

    激戦区の“日8”戦争で、昨年独走したのが、テレビ朝日系『ポツンと一軒家』だ。新年一発目の放送(1月5日)では19.5%を記録して好調を維持。
    『麒麟がくる』初回とかぶった同19日は16.1%まで下げたが、同ドラマと2度目の対決となった2日は18.8%と高視聴率をマークして、『麒麟がくる』に2.7ポイントの大差をつけて、あっさり逆転した。


    『麒麟がくる』は待望の戦国モノなのに早くも視聴率ダウン?

    同日、日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』は16.2%で、『ポツンと』がぶっちぎりの横並びトップを奪い返した。

    「昨年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』は異例の近現代劇で、主人公は一般的になじみのうすい金栗四三、田畑政治ということで、視聴者も感情移入が難しかったようで大苦戦しました。
    その点、戦国モノが好きな大河ファンにとっては、『麒麟がくる』は待望の作品で、その期待感が初回の高視聴率に結びついたのでしょう。しかし、早くも3.0ポイントも落としてしまい、先行きが不安視されます。

    『真田丸』は初回から29回連続で15%超えしましたが、『麒麟がくる』に、そこまでの求心力があるかどうか。今後の推移に注目が集まります。
    一方、『ポツンと』の昨年の視聴率がよかった理由が、一部では『イッテQ!』のヤラセ騒動による自爆と、『いだてん』の不振によるものと言われたりもしていますが、2日の数字を見るかぎり、
    大河の視聴率がそこそこよくても、強さを発揮しましたから、『麒麟がくる』にとっては強敵であることに変わりはなさそうです」(テレビ誌記者)

    いずれにせよ、大河が昨年のような大コケはないとみられるだけに、『ポツンと』『イッテQ!』『麒麟がくる』の3番組による“日8”戦争は、より熾烈になりそうだ

    https://www.cyzo.com/2020/02/post_230426_entry.html
    (2020/02/03 17:30)

    前スレ                 2020/02/04(火) 09:52
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1580777520/


    【(ニュース)「麒麟がくる」第3話は16・1% 好調維持も日8戦争激化?「ポツンと一軒家」が逆襲「対局も人気番組がありしのぎを削る」】の続きを読む



    (出典 naniwanko.wp-x.jp)



    1 名無しさんは見た!@放送中は実況板で :2019/11/14(木) 00:59:02.39 ID:gM2lAHAL.net

    公式
    ytv.co.jp/shirokuro/

    2020年1月スタート 新日曜ドラマ

    清野菜名&横浜流星W主演
    忖度や圧力にあふれているグレーな現代。
    闇に隠された真実を華麗に暴く、
    最凶バディが誕生!

    ツイッター
    @shirokuro_drama

    インスタグラム
    Instagram.com/shirokuro_drama/


    【(ニュース)ミスパンダの姿、ついに公開!清野菜名×横浜流星「シロクロ」ビジュアル解禁「楽しみーーーー」】の続きを読む



    (出典 img.discas.net)



    1 ひかり ★ :2019/12/20(金) 07:58:41.60 ID:nnucMu0a9.net

    「来年4月から続編が放送予定のTBS系ドラマ『半沢直樹』のキャスティングには、度肝を抜かれると思いますよ」(芸能プロ関係者)

     最高視聴率42・2%を叩き出した、堺雅人(46)主演の大ヒットドラマが約7年ぶりに復活。TBSサイドも続編を盛り上げるべく、来年1月にスペシャルドラマも放送する。

    「“半沢直樹イヤー”と銘打つなど、局としてもそうとう力を入れているようです。SPドラマの内容は、続編の舞台となる半沢の出向先『東京セントラル証券』と大きく関わる
    IT企業での物語です。吉沢亮が主演を務め、尾上松也や北村匠海、井上芳雄などの実力派俳優が脇を固めています」(TBS関係者)

    続編がなかった理由

     そもそも、半沢ファンが7年も待ちわびた続編がなかなか実現しなかったのは、キャスト側に理由があったそう。

    「『半沢』に出演して以降、さらに多忙になった役者のスケジュールの兼ね合いもありましたが、肝心の主役である堺さんがなかなか首を縦に振らなかった。これほどの大ヒット作を
    続編が視聴率をはじめ人気を超えるのは難しいですし、ひとつの役のイメージが強くなることを避けていたようです」(同・TBS関係者)

     とはいえ、今や人気俳優として不動の地位を確立した堺は、今回のオファーを断る理由がなかったのだろう。

     しかし、今回の続編に前作の出演者が登場しないというのはいったい……?

    「いっさい登場しないというわけではないんです。実は、少し前に堺さんの事務所サイドが“『半沢』の色を変えたい”という希望を示し、堺さん以外のキャストを“総入れ替えしたい”と、
    要求してきたようなのです。しかし、その時期にはすでに、上戸彩さんや北大路欣也さんなどのスケジュールを押さえていた手前、現実的に総入れ替えはできなかったというのが
    真相なんですよ」(前出・芸能プロ関係者)

     そこで、堺の事務所からの意向を受けたTBSは、

    「そういった経緯から“前作キャストの登場シーンを当初から減らす”という折衷案で調整しているそうです。この方法であれば、堺さんの事務所サイドの希望も叶えられる形になりますからね。

     ただ、出番が減るとはいえ、前作に出演したメンバーの多くを登場させると“既視感”が生まれて、新鮮味がなくなる可能性はあります。その一方で、7年前に大盛り上がりを見せた、
    銀行常務役だった香川照之さんらによる“帰ってきた『半沢』が見たい”と期待している視聴者も多いと思うので難しいところですね」(同・TBS関係者)

     今回のキャスティングに関して、TBSに問い合わせてみると「キャスティングについては、従来、お答えしておりません」とのことだった。

     “お化けドラマ”の続編には、気苦労が絶えないようで……。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191220-00016779-jprime-ent


    【(ニュース)ドラマ「半沢直樹」7年ぶりの復活で、堺雅人の事務所がTBSに出した要求「高視聴率を期待」】の続きを読む



    (出典 eiga.k-img.com)



    1 日曜8時の名無しさん :2019/11/20(水) 11:53:20.83 ID:OhPknE7i.net

    NHKオンライン「麒麟がくる」
    http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=14251

    【放送予定】2020年1月から
    【脚本】池端俊策 / 前川洋一 / 岩本真耶
    【制作統括】落合将【プロデューサー】藤並英樹
    【音楽】ジョン・グラム
    【時代考証】小和田哲男【衣装デザイン】黒澤和子【*考証】佐多芳彦【建築考証】三浦正幸
    【医事考証】星野卓之【古文書考証】大石泰史【時代考証補】小和田泰経【所作指導】花柳寿楽
    【芸能指導】友吉鶴心【殺陣武術指導】久世浩【馬術指導】田中光法
    【演出】大原拓 / 一色隆司 / 佐々木善春 / 深川貴志

    ※前スレ
    【2020年 大河ドラマ】麒麟がくる part14
    https://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1573995457/


    【(ニュース)麒麟がくる 撮り直し反対の声も…NHK放送総局長 意見は承知。スパッと割り切れるわけではない「賛否両論は必ずあるだろう」】の続きを読む



    (出典 womagazine.jp)



    1 牛丼 ★ :2019/11/21(Thu) 17:15:33 ID:idv9zwEK9.net

    沢尻容疑者の代役に川口春奈 大河「麒麟がくる」 NHKが発表
    川口春奈
     NHKは21日、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」について、*取締法違反(所持)容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者の代役に川口春奈(24)が決まったと発表した。

     川口は斎藤道三の娘で、のちの織田信長の正妻、帰蝶(濃姫)役を演じる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000093-dal-ent


    【(ニュース)沢尻容疑者の代役に川口春奈さん「今から短いスケジュールでどこまで録れるか」】の続きを読む

    このページのトップヘ